2019年07月23日

ソックスの吐血

はじめまして。ご覧いただきありがとうございます自己紹介はこちら







今日はソックスのお話です。
長くなりそうなので2回に分けて書こうと思います



人一倍警戒心が強いソックス。
顔つきは気難しいけど、とっても大人しく怖がりな女の子です。
DSCN2799.jpg




お世話を初めて3年半、最近はいつもお庭にいるようになって
きなことも仲良くしています
IMG_20190222_074705.jpg




人間はまだ怖くて私でさえまだ撫でたりはさせてもらえませんが
立ってごはんの準備をしているときだけは
ごっつんと頭を付けてきたりするようになりました。
目の前で背中を向けることもあり、彼女なりの信頼の証なのかなと
目を細めてみている今日この頃です。
(内心は触りたくて仕方ないんですよ(;^ω^))



先週の土曜日の仕事中、お隣さんからLINEがきました。
「ちょっと見てほしいものがあるの。今家にいる?」



猫の何かだろうとすぐ今は不在だと返信をしました。
すると
「猫がお庭にいたんだけど、いなくなった後を見たら血のようなものがあるの」と。
「きなこのよだれかな?後で掃除に行きます」と返信すると
画像が送られてきました。
Screenshot_20190720-173433.jpg

よだれじゃない…
誰かに何かあった、すぐそう思いました。
一番によぎったのは事故。けがをしてるんじゃないかと。



夕方の給餌が終わったころなので母とにさんにメールをして
確認しましたが、ハクもきなこもぶぶもみかんも無事だよと。
ソックスが来ていないけどいつも遅いから…
との事でした。


それからtwitterに写真をアップしてこの血なんだろうって
みんなに見てもらいました。
リプになかで何人かの方が教えてくださったのは吐血の可能性でした。
怪我ならそこ場所までも血の跡があるはずだし、
ここにきて急に血を明日ように思うと言われわたしも納得しました。
事故で内臓を損傷してるか内臓の疾患…


私が帰り着く前に、母から
「ソックスも軒下で寝てるわ。無事です。」
と連絡があったので、ごはん食べたか聞くと
「眠たいのかな?食べないわ」
これは、ソックスに何かあったなと思い急ぎ足で帰りました。


帰ってすぐ、裏の軒下に行くと棚の上でソックスが寝ていました。
ソックス?とのぞき込むと少し上げたソックスの口元に血の塊がついてました。
ソックスが血を吐いた。
twitterのリプのおかげですぐにわかりました。
(みんな、ありがとう)


捕まえて病院にと思いましたが、ソックスは捕獲器は学習済みで入りません。
餌につられて入ったとしても踏板を理解しているので扉を閉めずに中の物を
食べれるほど慣れています。


少しぐったりしているようだし、これは手で摑まえるしかないな…
と思いこれまでいざという時のために何度もシュミレーションしてきた大判タオルでの
捕獲を試みました。
そっとタオルを構えたらソックスが驚いたように目を丸くしてからだを少し起こしました
タオルをかぶせたところまでは良かったのですが
後ろに下がりそのまま裏の隙間から
思ったよりすごい力と速さで柵をよじ登り逃げてしましました。


取り逃がしてしまった…


もし体が弱ってるならこのまま戻ってこないかもしれないと
もうどうしたら良いかわからなくなってしまいました…



弱っていたとしたらそんなに遠くへはいけないはず。
泣きそうになりながら、ライトをもって外へ出て探し始めましたが
夜の住宅街です。深い植込みばかりで何も見えず…
そのうちちかくの野球場からでしょうか大きな花火が上がり始めました
こんな音ではもう出てこないな…
一旦諦めて家に戻りました。


数時間後になってもソックスは戻ってきていませんでした。
シロを見に行ったあともう一度、何にも見えないけど探しに行きました。



植込みに顔を突っ込みそうになりながら、
もう二度と会えないかもしれないとか
ソックスがどこかでひっそり死んでしまったらとか考えて
不安で泣きながら、名前を呼んで歩いていました。



そしてふと、ソックスが食後いつも風にあたる場所を思い出しました。
サスペンスで、自殺する犯人が行きそうなところを急に思い出して
崖にたどり着くというシーンがありますがまさにあんな感じで。
(そんなことあるかいっていつも突っ込んるのに…)


そこはうちの裏の道を挟んだ斜め前のお宅の裏の隙間。
高い場所で人はおろか猫でさえソックス以外は登れない場所です。


下の2枚の写真は以前お昼間に撮った写真です。
上がって行ってるのがソックス。
Screenshot_20190720-221429.jpg
丸印のとこを目指しています。


そしてこの隙間でくつろいでいるのです。
DSCN2814.jpg
土曜日の夜、私がこの場所に行くとここから
香箱座りをして涼しげに私を見ていました。
ソックス(´;ω;`)また会えたね。
ソックスは「何?騒々しい…💧」とでも言いたげな顔でした…
そこにいるってことはきっと大丈夫なんだと思いました。


この場所からはうちがよく見えます。
ソックスは今日はここからうちの様子を見ておくつもりなんだなと
思ったのでその日はもうそっとしておくことにして朝を待つことにしました。

後半へ続く
ラベル:地域猫 ソックス
posted by はくたろう at 11:23| 兵庫 ☁| Comment(0) | TNR活動/猫のボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください